2018年5月26日土曜日

【馬券】 2018日本ダービーの馬券5点 (予想不要)

有馬ぶりの馬券公開。

この公開、私にはハイリスク・ローリターンですが、8年来の読者様の夏の軍資金になれればと。

本編が長いので営業の前置きは不要。私の実績を分かっている人だけ読んで下されば満足ですので。「お前は誰だ」という方はプロフィールでも読んで下され。


長年理論も書き続けている私のモットーは「理論より儲け」。笑

私は負け戦に美徳を感じないので今回も当然勝ちに行きます。スマホ買い換えてより高画質の海外写真をインスタで自慢したいので。笑


それでは早速本編にて。

続き(note)



==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』



2018年5月1日火曜日

【確率】 競馬で学ぶ確率思考(2) - 全ては「歪み」のために -

通称「確率を神とするシリーズ」、第二弾は確率論者の大好物で最大の目的でもある「歪み」について。

--------

「明日死ぬかもしれないから今日を全力で生きる」

素敵で大事な考え方ですよね。私自身、グローバルエリートを演じていれば御の字なところを「なんでそこまでも手を出す」とリスクを取りまくっているのは、同様に「いつか来る死」が根源にあります。


さて、しかし。

この「明日死ぬかもしれない」という前提。では厳密に自分が明日死ぬ確率を出したことがある人はいるでしょうか?


確率に取りつかれた私は、明日にでも起こり得る死因とその確率を自分の状況に当てはめて計算したことがあります。海外を飛び回ることで確率が相対的に上がる割合になかなか凹みました(本編にて)。


このように、物事の多くは「正しい or 間違い」の二択で考えても意味がありません。

明日死ぬかもしれないだけが頭にあると、人生センスが無い場合刹那的に生きるだけで何も積み上げられず、結果的に寿命を縮めるような日々を送りかねません。


今回は、この「明日死ぬかもしれない問題」と、競馬の「本命vs穴党」、「短期vs長期」を深堀しながら、確率道の登竜門である「歪み」を習得したいと思います。

続き(note)



==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』




【確率】 競馬で学ぶ確率思考(1) -確率を神とすること-

「せっかく仕事で海外を飛び回るし」と始めたインスタでばりばり国内の飲み会写真などもアップしているせいか、この人生であまり馴染みのない「親近感」なり「好感度」なるものが高まっているようです。

が、別に関係ありません。笑

「顔なんかいらんから頭の中を載せろ」という長年の読者様たちへ、私の十八番「確率思考」をようやく体系化できました。


◇◆◇◆◇◆

 

確率を神とすること


年間10か国以上回っていると実に多様な方々と知り合います。その一側面として何を神としているかは非常に興味深いです。(そんな重いテーマは書きたくないので以上)

いや、別に難しい話ではなく、「何を自分の上に置いているか」という話です。

日本だって、生きる目的や絶対指針は千差万別です。メジャーなところで言えばやはり奥さんが神の人もいれば、悲しいかな仕事や会社の人もいる。私の周りではレッズやV系バンド、ディズニーや水商売が多いですかねえ(何でもよいというスタンスで)。


他人の神など一切興味ありませんが、ふと私が自分の上に置いているものを考えた時、「……確率じゃね?」と気付いたので、確率バイブルをしたためねばと。


◇◆◇◆◇◆

 

「全ての馬券を買う人」は本当に馬鹿なのか


さて、この「確率を神とするシリーズ」は競馬戦略と並走させます。競馬ほど確率や統計を実践できる場はそうありません(だから好き)。

先ずは、「全ての馬券を買う」という一見ギャグのような行為が実はレースによっては立派な戦略となり得る話から、確率の面白さに入門したいと思います。


確率は世の中のざっと95%の物事に当てはめられる気がします。いや、残りの5%だってどこかに確率を出せる素材は隠れているかもしれません。

その素材を突き詰めると原子に行きつき、「ラプラスの悪魔」というロマンが待っているのですが、先ずは身近なロマン?である「競馬の勝ち方」から始めていきましょう。


続き(note) 




==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』



2018年2月25日日曜日

【投資】 通貨は投資ではないし、仮想通貨は通貨ですらない

「1年で20倍」からの「1か月で3分の1」


年末に下記noteを書いた時は、「1年で10万円が200万円になった」がキャッチフレーズだったビットコイン。

「ビットコインはバブルか?」という大喜利


ただ、このnoteを書いた翌週から下落に下落を重ね、めでたく「1か月で3分の1」になりました。


200万の時は「むしろこれからが始まり」とか懸命に煽っていた仮想通貨界隈は、150万に下がった時点でこの世の終わりかと言うほど懸命に騒ぎ、100万を切った時には「投資は自己責任だからな、俺は分かってたからな」とか懸命に予防線を張り、70万を切った時にはツイートするための指すら動かせず、また100万程度まで戻した今は「だから上がるって言ってただろうがぁ!!!」とまた懸命に吠え始める彼ら。

懸命に生きられてなにより。

◇◆◇◆◇◆

これがまさか「投資」に映るならなにより


「投資」は便利な言葉です。ほぼあらゆる物が投資呼ばわり可能です。「不倫投資術」なんてnoteもスキル的には余裕で書ける。

ただ、仮想通貨界隈の懸命な連中だけでなく、どうも金融的な意味で仮想通貨を投資と呼んでいる人が非常に多いですよね。


この草コインで億り人になれる!!なんて言って欲しいならTwitterという場所にどうぞ。

草コインに「研究」とやらをしているらしい坊やたちの姿は、新馬戦を産駒から分析しているらしいおじさんたちと重なり微笑ましいです。


しかし、このnoteでは仮想通貨で「投資」をしているつもりの方々が、「本当は何をしているのか」を紐解きます。

投資とは何かや通貨とは何かから、経済とは、資本主義とはを言葉にし、詰まるところこのゲームは何なのかを考えます。

◇◆◇◆◇◆

仮想通貨を買うだけで、時代を先取り、成功者とやらへ続くリスクを取り、今まで自分を一度も認めてくれなかった世の中を「労働」と馬鹿にし見返す魔法の扉を開けると本気で信じているのならば、そのまま頭は使わずイーサリアムあたりと一蓮托生を決め込んだ方がいい


勝てる確率はゼロではない。距離的にはまだ大井競馬場の方がはるかに魔法の扉に近いけれど。

このnoteを読んでも億り人にはなれませんので、時代の先駆者はTwitterにお戻り下さいませ。


物事を抽象的、合理的に突き詰めないと耐えられない方は、「いつもの」をどうぞ。

……とか言いつつ、いつも通りディテールもえぐりますが。私だって魔法の扉が欲しいですもの(まじで)。笑


続き(note)


==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム



親ブログ: 『一歩世界へ』



2018年1月7日日曜日

仮想通貨2ステップだけ投資術 (9) - 株からの展開組へアドバイス -

ステップ1 : マーケットを知る


10代で資産が億を超える、などバブリーな話題の尽きない仮想通貨マーケット。

厳密にはいつから始めたのか、10代のくせに元手いくらだよ、とロジカルに詰めると突っ込み所も尽きないのですが、とは言え様々な投資経験者とてぞくぞくするチャートですよね。特にこの数か月は。

このブログは「XPの祭りに乗れ!!」みたいに賞味期限が数時間の記事ではなく、できるだけ仮想通貨を本質的に分析し、投資のポートフォリオとして組み入れていくことを目的にはしています


その中で、同志である株からの展開組にアドバイスをすると、このマーケットはま~だまだ未熟です。

草コインによっては一部のネット有名人の発言やら掲示板やらで簡単に値が動いてしまうように見えます

むか~しもYahooの掲示板とかで謎の有名人が煽ると、機関投資家の入っていない小型株が影響を受けたりしましたが、なんだかネット初期の個人株主を思い出します。笑


もちろんこの未熟度は単なるリスクであり、つまりは自身の方針に沿って利用するか避けるか判断する材料です。

元10代投資家としては、「歪み」が残るマーケットは見ているだけでそそられますが。笑

◇◆◇◆◇◆

ステップ2 : コマンドを選ぶ

市場の成熟度を一つの指標にしながら、保有通貨(≒利用取引所)を広げていく戦略ですが、今のところは下記2つを使っています。

変化があまりにも早くて(上下両方)、戦略のPDCAも日々回していく必要がありますね。

と言うか、2018年1月7日現在、海外取引所が軒並み新規登録不可能になっているとか「さすが」の新興マーケットです。

下記国内取引所は安定しているので基本戦略は順調かと。

10秒で無料登録できますので、先ずは国内の準備をお勧めします。

1. bitFlyer


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


手数料:★★
品揃え:★★☆
相対的安心度:★★★

CMでお馴染みのbitFlyer。


2. coincheck


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


手数料:★★☆
品揃え:★★★(国内トップ。推奨3銘柄のリップルも取引可能)
相対的安心度:★★★
 
こちらもCMでお馴染みのcoincehck。

新興マーケットだけにCM打てるくらいの基盤は欲しいですよね。


==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


仮想通貨2ステップだけ投資術 (8) - 勉強の注意点 -

ステップ1 : マーケットを知る


皆さんは仮想通貨界隈の全体像を掴んだり、各通貨の勉強をどれくらいしていますか?

投資の本質を教えると、短期では運で勝てますが、長期では実力がないと負けます。

「一か八かでやってみるだけ」でもいいですし、それで勝てる場合も未熟な仮想通貨市場ならばいくらでもあります。


けれど、問題は「辞められない」こと

「こんな一瞬でこんなに稼げるのか」を知ってしまうと、勝とうが負けようが何度も参戦を繰り返し、気付けば実力通りが王道です。


とは言え、もう一つ本質を教えますが、勉強だけでも勝てません

企業のファンダメンタルズも、ドル円の動きも、各通貨の未来像も、過去と今の勉強だけでは「未来の動き」を読み切ることはできません。

「最後はエイヤ」は仮想通貨でも正しいかと。むしろ草コインなんて蛮勇レベルのエイヤが必要だと思います。


◇◆◇◆◇◆

ステップ2 : コマンドを選ぶ

今は草コインには手を出さない戦略ですが、リサーチはもちろんしています。

現状下記2つの取引所だけで十分ですが、戦線を広げるならば海外取引所のリサーチも必要ですね。

まあプロフィールの通り英語の方が得意くらいですので、いずれ分かりやすく整理するつもりです。需要があれば。

10秒で無料登録できますので、先ずは国内の準備をお勧めします。

1. bitFlyer


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


手数料:★★
品揃え:★★☆
相対的安心度:★★★

CMでお馴染みのbitFlyer。


2. coincheck


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


手数料:★★☆
品揃え:★★★(国内トップ。推奨3銘柄のリップルも取引可能)
相対的安心度:★★★
 
こちらもCMでお馴染みのcoincehck。

新興マーケットだけにCM打てるくらいの基盤は欲しいですよね。


==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム


2018年1月6日土曜日

仮想通貨2ステップだけ投資術 (7) - 1か月15倍のリップル… -

ステップ1 : マーケットを知る


前回のイーサリアムに続き、今回は推奨3銘柄の1つ「リップル(XRP)」について。


これぞ仮想通貨の醍醐味と言わんばかりに、この1か月で約15倍に跳ね上がったリップル。時価総額もイーサリアムを抜き2位になりました。(2018年1月6日現在)

リップルはビットコインの数百倍の速さで取引処理ができ、その送金スピードの速さからGoogleや国内では三菱東京UFJが提携を始めているとのこと。(ちなみにリップルの時価総額は三菱東京UFJを抜きました…)


リップルは金融用で個人にはつまらないとの声や、あくまで買いが買いを呼んでいるバブルとの見方も(当然ながら)ありますが、この一瞬で桁が変わるのが仮想通貨の醍醐味(=ハイリスクハイリターン)ですよね。

反動で落ちた時は「もう終わりだ」から「今こそ買い」まで有象無象のポジショントークまみれになります

「いくらから積み始めるか」をポイントにフォローしていきたいと思います。

◇◆◇◆◇◆

ステップ2 : コマンドを選ぶ

リップルに関しては推奨取引所の1つ「bitFlyer」は使えず、もう1つの推奨取引所である「coincheck」に登録する必要があります。

登録自体は数分ですが、本人確認完了まで2~3日必要ですので、リップルの「祭り」が再開するまでに登録をお勧めいたします。

coincheck


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


手数料:★★☆
品揃え:★★★(国内トップ。推奨3銘柄のリップルも取引可能)
相対的安心度:★★★


==============================

著者:ひさなお

 TOEIC満点、作家、投資家、IT企業グローバル人事、馬券師。
 慶應義塾大学→UCLA→大手IT企業。

  第3回マイナビ作品コンテスト最優秀賞受賞。 

==============================



ブログホーム